小さなお家を建てよう

家族3人が健康でナチュラルに生活できる小さなお家を作るため、只今勉強中。

2008.10 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2008.12

2008.11.26 :: 農地転用許可にかかる費用

お盆くらいから動いた農地転用の手続き、
約2ヶ月かかって、やっと許可が下りました。
スムーズにいってよかった。

行政書士さんが書類を持ってきてくれました。
そして請求書・・

農地転用許可      12万
土地改良区意見書交付願 2万×2
土地改良区排水承諾書  2万×2
建築許可申請      10万
消費税
手数料         約5万
少しマケテくれましたが
合計額 しめて

35万

チーン¥¥¥

けっこうな分厚い書類を持ってきてくれたけど
これってそんなに手間かかるのか〜
自分でも作れそうなのもいっぱい(実際作れるらしいけど。)
それに2つの土地改良区に書類を提出しなきゃいけない地区だったそうで。
なにそれー?意味わかんないんですけど。
納得いかないけど世の中そんなもんですねー

さてさて、お金の工面をしなければっ。

2008.11.24 :: 山の見学会レポート

「杉生」さんという材木店が主催する山の見学会に連れて行っていただきました。
我が家の木材の80%がこの材木店からやってくるそうです。
もちろん全て国産、三河の木です。
なんか感動したのでレポートのように長くなってしまいました。

豊田から新城市の杉生さんまで1時間半。
そこからまたまた車で30分ほど走らせ、まずは東栄町の山へ入ります。

車から10分ほど山を登るだけで動悸・息切れが・・(汗)

森林組合の方の説明を聞いた後、
樹齢100年以上にもなる杉の木を伐採する現場を見学。

?木に登ってワイヤーをかける。
わかりにくいけど、おじさん登ってます。
木が倒れる時にワイヤーをひっぱって倒れる方向を定めます。
あっというまにひょいひょいと木を登るおじさん、かっこいい〜

?木を切る。
チェーンソーを使ってもこれだけの木を切るのにはけっこうな時間がかかる。
木こりのおじさん推定60代!!すごすぎ。

?木、倒れる瞬間。
ごぉぉぉ〜とすごい音、大迫力でした。
この日2本の木を切るところを見せていただき、
切ったばかりの巨大な切り株を触りました。
水分たっぷりふくんでいて、触るとじっとり。
倒した後、しばらくこのまま乾燥させ(葉枯らし)
製材所に運び、そこでまた自然乾燥させるそうです。
人工乾燥すれば早く出荷できるけれど、
強度が弱くなるのと、乾燥するのに重油を使うことで、CO2排出に繋がる。
昔からの自然乾燥って理にかなったものなんだって。


日本の木を使う人がいないから山を持っていても儲からない、
逆に手を入れるのにコストがかかってしまうので
管理を辞めてしまう地主さんが多く、人工林の荒廃がすすんでいる現実。
私が近くの山の木を使うことで
山の保護につながったり、運搬や乾燥に使うCO2を削減できたり
何気にエコなおうちづくりにつながっているのです☆
私はそこまで考えてたわけじゃないけどね〜
ただ自分にとって気持ちのいい家を探してたら
そんなステキなことになってただけで。
今流行りの「地産地消」と同じで、当たり前のことな気もするけど。


午後、今度は製材所に移動し、木を用途に合わせて切るところを見学。


機械で大きな木があっとゆうまに切られていきます。
一本の木から梁を作るのに、梁の周りの部分は床材になったり、木の皮はチップになったりと無駄がない!
でも山では、使える木でも運ぶのにコストがかかって赤字になってしまうので
山に捨ててきてしまうとも聞きました。

その後、今度は杉生さんに戻り
製材所でカットされた木はここで構造材や内装材に加工される


またまたわかりにくいけど・・
この機械に木材を通すだけで凹凸のついた床材に加工されたりするらしい


そしてここで加工された木たちがいよいよ来月我が家にやってくるのです。
木について森について考えさせられたし、
こうしてたくさんの手間を通して家ができる工程を見ることができてよかった。
あの危険と隣り合わせで働くおじさんたちの姿を思うと、
大切にしないといけないなーと思いました。
そして自然の恵みに感謝です。

2008.11.17 :: 地鎮祭

本日無事地鎮祭をあげることができました。
大安で天気もよく、
我が家とオット実家家族、有吉住宅の社長さんと担当さん親子に立ち会っていただき
幸先いいスタートになりました☆



神主さんと有吉さんでテキパキと地縄を張ってくれ
あっとゆうまに
あー見たことアル。ってのが我が建設予定地に出来上がりました。
ご祈祷は神主さんの指示通りに
神主さんのご祈祷
全員順番に榊を神殿に奉げる
四隅に榊を立て、神主さんが米と塩と紙ふぶきをミックスしたものをふりかける
そこへ施主家族で酒と清水をかけていく
というヨクワカラナイ儀式です。(ばちがあたるかしら)
神道はまったくよくわかりませんが、
代々受け継がれてきたこの大切な土地に神様がいるとは思います。
なのでおうち作りますよっとよくおねがいしてきました。
私この土地に骨を埋めるんだな〜なんてしみじみ思ってしまったりもしました。




お供え物は指示通り
♪海の物・・昆布
♪山の物・・ぶなしめじ
♪野の物・・白菜・にんじん
♪果物・・りんご・柿・いちじく
♪酒5合
♪米1合
♪塩1合
もうちょっとキレイに並べてよーって内心思いながら・・

初穂料はこちらも指示通り2万円
祝儀袋とか表書きとかわからずネットで調べたら、本当は5色の水引を使った特別なものがあるらしいとか、
お供え物も調べたら普通は鯛とかもっと豪華な物だったりらしいとか、
余計な知識を得てしまってちょっと迷いましたが
給料日前だったのでありあわせになってしまいました(^^;)
果物とか実は家にあった頂き物ばっかりだし・・
終了後、お供え物をみんなでわけるといわれたので焦りました。あまりに質素だったので〜
おさがりをわけるのがご利益があっていいのだそうです。
しかし、全部もらえると思って
鍋用にしよう買った白菜が神主さんのところへいってしまったので
ちょっとショックです(笑)


終了後、ごあいさつまわり。
工事中迷惑をかけることになる両隣と裏の3件に
洗剤を持ってまわりました。
土地から買うと建設中やその後の近隣トラブルなんて話も聞くので、
まわりが知った人ばっかりで
ヘンナヒトがいないってありがたいことですねー。

2008.11.17 :: 屋根と照明

地鎮祭の後打ち合わせ。
屋根は平瓦で黒系、ということになっていたので
見本をいくつかもってきていただきました。


まぁどれでもたいしてかわらない?
ってことでサクッと。
左上のつや消し黒で。

照明。
決めるのはまだ先でいいけど
配線の都合上、位置だけは決めていかないないといけません。
分厚いカタログもいただきました。
家づくりブログなどを見ていると施主支給品のステキな照明たちに目移りして
私も絶対自分で探す!!
とか思ってたけど、カタログでこんなにあるならまぁいいか〜って気もしたりして・・
めんどくさくて結局有吉さんの提案どおりってことになるかも^^;

あとコンセント系。

今のところ家具を買い足すつもりはほとんどないのですが
なんかいまいち家具の配置とか想像つかないんだよねー
アパートの隅に追いやられている
巨大なソファーが厄介者で。。。

大体のイメージつかないとコンセントも決まらないですねぇ。

2008.11.11 :: 契約

ついにというか、やっととゆうか、
有吉住宅と契約しました。
もう後にはひけません。
がんばって働こっと。


地盤調査の結果もでました。
以前も某I条さん(笑)にタダでやってもらったことがあるので
調査の要領は分かっていましたが。
その時はそこまで詳しく結果説明してもらわなかったような。

わかりやすく図にしてくれた上で、
地盤改良するほど悪くはないけど、一部多少緩い部分がある
大手だったら改良するかもしれないけどそこまでしなくてもいいんじゃない?
(こんなテキトーな表現ではありませんが)
ということで、念のため
地中梁といって基礎に補強をしてもらうことになりました。
これだとプラス10万くらいで済むそうです。ヨカッタ。



後日契約金100万円を振り込みます。
今日は収入印紙代1万5千円の出費。
なんか、今減税中らしく、通常2万円のところ1万5千円で済みました。
なんだそのキャンペーンみたいなのは。
でも助かる☆

 | HOME |  »

 PROFILE …

ナヲミング

ナヲミング

オット1人ムスコ1人。
片田舎のオット実家裏地に
約30坪の小さなおうちを建設中
2009年5月頃完成予定☆
家づくりの記録を淡々と悶々と記録するつもりです。



無料カウンター _______________________ ↓ランキングに参加してみたり にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ              ↓家の素材にガルバリウムを採用している家のリンク集☆ ガルバリウムの家リンク

 MONTHLY …

 RECENT ENTRIES …

 RECENT COMMENTS …

  • お風呂の仕様決定☆
    nawoming
  • 照明☆その2
    shima
  • 久しぶりに!!
    suzu

 RECENT TRACKBACKS …

 CATEGORIES …

 OTHERS …